カプセルホテルとネットカフェそれぞれのメリットデメリット

宿泊先の選び方


旅行に出かける際、少しでも宿代を安く抑えたいと思っているときに選択肢に上がるのがカプセルホテルとネットカフェではないでしょうか。しかし、この2つにはそれぞれメリットとデメリットがあり、特に初めて利用する場合はしっかり把握しておく必要があります。そこで、ここではカプセルホテルとネットカフェのそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

そもそもカプセルホテルとネットカフェの違いは?

カプセルホテルとネットカフェにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの違いをまずは確認しましょう。

カプセルホテル

カプセルホテルは、必要最低限の寝るためのスペースが用意されているホテルのことを言います。眠るためのスペースしか確保されておらず、通常のホテルのように鍵はないため、寝る際にはカーテンを閉めて寝ることになります。ちなみに手荷物はカプセルホテル内に設置されたロッカーに預け、鍵は自分で管理するのが一般的です。ただ、近年ではカプセルホテルでも通常のホテルのようにベッドだけでなく、テーブルなども用意されている広々としたものも増えてきています。

ネットカフェ

ネットカフェはマンガ喫茶とも呼ばれており、パーテーションで仕切られた空間で過ごすことになります。宿泊スペースではなく、あくまで漫画を読むための空間ですから横になって眠ることはできず、椅子に座って1日を過ごすのが一般的な利用方法です。また、滞在中は施設内にある漫画や雑誌を読んだり、座席に設置されているパソコンを使ってネットサーフィンをすることも可能です。ネットカフェの座席は座敷タイプと椅子タイプがあり、自由に選択できることが多くなっています。

カプセルホテルのメリット・デメリット

カプセルホテルのメリットはカーテンで仕切られることからプライバシーは一般のホテルには及ばないものの、閉鎖された空間でゆっくり眠ることができる点です。加えて、眠るための場所ですからしっかり体を伸ばして休むこともできます。また、宿泊施設であることから利用者は基本的に他の人に配慮をして音を立てないように過ごしており、静かに過ごせるというのもカプセルホテルのメリットです。ホテルですから当然シャワーやお風呂も使えますし、長期間滞在する場合、連泊で料金が安くなるというメリットもあります。しかも、予約を取ることができるので、いざ現地に到着して宿が無いという事態に陥る心配もありません。女性専用のカプセルホテルや男女兼用でも性別ごとにフロアが分かれていて、鍵が無いと入れないシステムになっています。そのため、安全性の面でもカプセルホテルは優れていると言えるでしょう。

ただし、カプセルホテルは安いが故に旅行シーズンとなると単身者からの需要が高く、部屋がすぐに埋まってしまったり、料金が高額になってしまうことも多いです。

ネットカフェのメリット・デメリット

ネットカフェを利用するメリットとしては、利用する時間に応じて料金が変動するという点です。そのため、とりあえず数時間眠ることができれば良いと考えている場合はかなり安く料金を抑えられる可能性が高いです。また、宿泊目的で利用する人も増えてきていることから、10時間~12時間と長時間滞在者向けのパックも増えてきています。それに、インターネットも自由に使えますし、漫画も読み放題と暇な時間を過ごすためのコンテンツも充実しています。特にインターネットを利用できる場所であることから、Wi-Fiの速度も速いです。場所によってはドリンクやアイスに加え、朝食が用意されていることも多いのでよりお得でしょう。

ただし、ネットカフェの場合座敷タイプの部屋では横になることはできますが、身長によって足を完全にまっすぐには伸ばし切れない場合もありますし、布団はありません。リクライニングする椅子の場合は逆にオットマンに足を乗せてまっすぐ伸ばせる場合もありますが、完全にフラットにはなりません。安くは抑えられるものの、ホテルとまったく同じ環境とは言えません。加えて、ネットカフェにはシャワーはついているところが多いですが、お風呂はありませんので絶対湯船につかりたいという人には向いていません。また、ネットカフェは夜中でも漫画を読む人など近くを通る人の足音がする場合もあります。部屋ではなくあくまでパーテーション式のところが多いのでその場合は、明かりも入ってきてゆっくり眠るのは難しい人もいるかもしれません。

週末など終電以降の時間も遊ぶ人が多い地域の場合はネットカフェに宿泊する前提で行ったのに入店できなかったということもあり得ますが、最近のネットカフェは予約を取ることができる店舗も増えてきました。また、個室でないことのデメリットを紹介しましたが、最近では鍵付き防音タイプの部屋を用意するネットカフェも増えてきていますので、ビジネスホテルやカプセルホテルとの差が埋まってきています。

まとめ

とにかく旅行費用を抑えて食事などを充実させたいと思っている場合、特に快適な睡眠や横になって熟睡することなどを重視するなら当然カプセルホテル一択になるでしょう。しかし、そこまでじゃなくても良く、とりあえず眠る場所が確保できれば良いという人なら、ネットカフェに宿泊することも検討してみてはいかがでしょうか。



ページトップに戻る